延長保険 / 生命保険用語集

 

延長保険

延長保険(えんちょうほけん)とは、養老保険において満期保険金をあきらめる代わりに、現在加入している養老保険の解約返戻金部分を基にして一時払定期保険に変更するというものです。そのため、延長保険を利用した場合は満期までの死亡保障は継続されますが、満期時の満期保険金はあきらめることになります。ただし、延長保険を行った段階で一時払定期保険の保険料支払後の残高がある場合はその残高分は満期時に満期保険金として受け取ることができます。

要するに、養老保険を解約した際の解約返戻金を原資に定期保険に加入します。保険料は一時払として解約返戻金の中から捻出されます。養老保険から定期保険に保険内容が変わりますので、死亡保障は継続されますが、生存保障(満期保険金)はあきらめることになります。

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。