ソルベンシーマージン比率 / 生命保険用語集

 

ソルベンシーマージン比率

ソルベンシーマージン比率(そるべんしーまーじんひりつ)とは、保険会社の健全性を示す指標で%(パーセント)であらわされます。ソルベンシーマージン比率は、通常の予測を超えたリスクが発生した場合の保険会社が持つ保険金支払のための余力を指します。

そのため、ソルベンシーマージン比率は支払余力と呼ばれることもあります。ソルベンシーマージン比率の計算は、有価証券等の含み益も含む自己資本を通常のリスクを超えたリスクを0.5倍したもので除して求めることができます。行政上の取り扱いとしてはソルベンシーマージン比率が200%を超えていれば健全であるとみなされますが、過去にはソルベンシーマージン比率が200%を超えている保険会社が破綻したこともありますので、一般には300%を超える方が良いとされます。
現在では行政側でも200%の水準=健全な保険会社と判断できるよう、ソルベンシーマージン比率の計算方法の見直しを含めて検討が進んでいます。

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。