ホフマン方式 / 生命保険用語集

 

ホフマン方式

ホフマン方式とは、事故などの被害にあい、死亡・後遺障害が残った際の被害者に対する逸失利益を計算する方法の一種で、将来にわたり得る予定であった利益を現在価値に直すための計算方法。類似するものとしてライプニッツ方式がある。

ホフマン方式では、現在割引価値に修正するにあたり単利法を用いる。旧ホフマン方式(全期間を単利で控除)と新ホフマン方式(月ごとに控除)の二種類がありますが、現在は新ホフマン方式が主流となっています。

関連コンテンツ:
ホフマン方式による生命保険の保険金額

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。