告知義務 / 生命保険用語集

 

告知義務

告知義務(こくちぎむ)とは、生命保険に加入する場合、保険契約者(被保険者)は保険会社に対して病歴・健康状態といった「重要な事項」についての事実を告知しなければならないという義務を指します。告知義務を負うのは保険契約者および被保険者です。

告知の方法として、医師の健康診断を受ける契約の場合は医師が告知書に基づく質問した事項について答え、健康診断を受けないものの場合には告知書に記載します。告知義務により告知すべき重要な項目としては「年齢」「職業」「健康状態」「過去5年間の既往症」などが挙げられます。


この告知義務に違反していた場合、保険会社は契約から2年間に限り解除することができます(それよりも長い期間を指定している約款もあります)。また、保険事故が発生s他場合も告知義務に違反して解除された場合は保険金は支払われません。

ただし、告知義務違反として契約を解除されるケースとしては「悪質(告知すべきであることを知っていた場合)または重過失(告知すべき項目であるということを注意すれば知ることができた場合)」があることが必要であるとされており、一般的な過失によるものの場合は告知義務違反による契約解除とはなりません。

生命保険無料見直し・相談サービス 人気ランキング

生命保険の見直しや節約に活用したい無料保険相談サービスです。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。