生命保険会社が破綻したときはどうなる?

 

質問:生命保険会社が破綻したときはどうなる?

現在養老保険に加入しています。もし現在加入している保険会社が破綻してしまった場合、今まで支払った保険料や解約返戻金、今後の保障というものはどういったように取り扱われるのでしょうか?

 

回答:契約者保護のため「生命保険契約者保護機構」が対応する

生命保険会社が破綻した場合、保険契約者の保護を目的とした「生命保険契約者保護機構」という機構が保険契約者を保護します。現行、保険会社が破綻した場合、生命保険契約保護機構が資金援助を行い、保険契約に対して一定の補償を行います。補償の内容としては、一律責任準備金の90%を保護機構が負担し、残りの10%を契約者が負担する形になります。

ただし、破綻後の解約はしばらくすることができません。また、最大で10%は契約者もその責任を負うことになりますので、生命保険会社を選ぶ際は十分にその健全性を見極めましょう。「保険会社の健全性」。一般には剃る弁士ーマージン比率が有名ですが、過去の破綻例をみても金融庁が安全と示す200%の水準を上回っても破綻する例もあることから、一概に何%あれば安全ということはありませんが、高いだけ安心度合いは高まります。

2008年10月には米国の金融危機を受けて国内の中堅生命保険会社「大和生命」が破綻を発表しました。また、日本で生命保険会社を作っていた米国のAIGも国内の系列生保を売却すると発表しています。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

生命保険Q&A一覧

生命保険は若いうちに入った方がお得なのですか?
生命保険の保険金は差し押さえできるのでしょうか?
生命保険会社からお金を借りられるって聞いたのですが?
生命保険が相続税の節税対策になると聞いたのですが?
保険料控除は無職の場合還付金ってあるのですか? 
無職でも生命保険に加入できますか?
保険に入るのと預金をするのはどちらがお得ですか?

生命保険Q&Aはホームページ訪問者の方から寄せられた質問をベースにQ&Aを作成しておりますが、利用者の個人情報やわかりやすさなどへの配慮から質問の内容等を一部変更しております。また、一部の質問は完全にフィクションで作成しているものもあります。また、本Q&Aの内容の完全性は担保いたしません。不明な点などがあればそれぞれの専門家(保険会社・税理士・弁護士など)にお問い合わせ下さい。また、本Q&Aの内容の完全性は担保いたしません。不明な点などがあればそれぞれの専門家(保険会社・税理士・弁護士など)にお問い合わせ下さい。

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

 

生命保険とは
生命保険の種類
生命保険徹底比較
生命保険の見直し方法
生命保険の契約と保険金請求
生命保険と税金