アカウント型保険の特徴

 

アカウント型保険の特徴について

アカウント型保険とは、保障部分と積立部分とを組み立てたタイプの生命保険の形です。基本的な仕組みは「定期保険 & 医療保険」+「積立金」によって構成されています。基本保障は定期部分で行い、定期保険終了後に一時払い終身保険、年金などに移行可能な保険となっています。ただし、制度がやや難解であり、問題点も指摘されています。

 

アカウント型保険(生命保険)のイメージ

アカウント型生命保険は「保険」と「貯蓄」の両方を可能とするタイプの生命保険となっています。支払う保険料を「保証部分」+「貯蓄部分(積立部分)」にわけて利用することが可能となっています。

保証部分は柔軟に変更することが可能で、積立金を増やしたり、逆に積立金を使って保障内容を強化することもできます。
また、積立した部分は予定利回りで運用され、最終的にはその積立金を使って一時払い終身保険や年金原資とすることも可能です。

 

アカウント型生命保険のメリット

アカウント型生命保険のメリットは保険プランが柔軟であり、積立というニーズにも対応できるという点です。積立部分は予定利率で運用されることになるので、保障があまり必要ない若い時期は積立重視、そうでない時期にはその積立を使って保障強化などが比較的簡単にできるという点があります。

 

アカウント型生命保険の問題点・デメリット

アカウント型生命保険最大の問題点は設計内容の分かりづらさです。このサイトでは各保障内容を「定期保険」とか「医療保険」とか簡単に説明していますが、これを様々にアカウント内で組み合わせるアカウント保険は保障内容が複雑化してしまいます。複雑すぎて理解しにくいという点がデメリットです。また、この複雑性を悪い意味で利用する営業マンもいるようですのでその点も問題であるといえるでしょう。

 

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ