生命保険配当金の受け取り方法

 

生命保険配当金の受け取り方法について

生命保険の種類に応じて保険会社から配当金が支払われることになります。しかし、配当金の受け取り方法はたくさんの方法があり、また、受け取り方による違いなどを解説していきます。

 

配当金とは

生命保険会社は、契約者から支払われた保険料をもとに運用を行っていますが、この運用や会社運営、死亡率などの条件により剰余金が出る場合があります。この剰余金は通常配当金として保険契約者に支払うことになっています。(一部の保険には無配当保険という配当がないタイプの生命保険もあります)

大きく保険料というものは「予定死亡率」「予定利率」「予定事業比率」により決められます。これらは全て事前に決められているのですが、予定死亡率よりも死者が少なかった場合、予定利率よりも預かっている資産の運用結果が良かった場合、経営努力により事業費が小さくてすんだ場合は「剰余金」が発生することになります。
こうした剰余金は配当として保険契約者に対して支払われます。

 

生命保険配当金の支払時期と受け取り方

配当金は通常契約を迎えてから3年目から支払われることになります。また、配当金の金額については保険会社の決算日に決定し、契約応答日に支払があります。

また、配当金の受け取り方法ですが、大きく4つの方法が存在します。

配当受取方法
内容
現金受取
配当を現金で受け取る方式です。実際にはあまり行われません。
積立配当
配当金の金額は確定しますが、その配当金は保険会社にそのまま積み立てられていく方式です。積み立てられた配当金はさらに保険会社が定める一定の利率で運用が行われます。保険会社によっては契約者が保険期間中に積み立てた配当金を引き出すことができます。
保険金買増
配当金を一時保険料として保険契約の買い増しをして保険金を増額するというものです。配当が出るたびに保障内容が手厚くなっていきます。
相殺配当
保険料から配当金を相殺します。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。