保険金受取人が先に死亡した場合

 

保険金受取人が先に死亡した場合について

生命保険の保険金を受け取る権利がある保険金受取人が、被保険者よりも先に死亡しており、契約者が保険金の受取人を変更していなかった場合、その保険金の取り扱いはどのようになるのでしょうか?

 

保険金受取人の保険金請求権の相続

通常、保険金受取人には保険金を請求する権利があります。しかし、その権利を持つ人が死亡してしまった場合はその請求権はどのような扱いになるのでしょうか。

法律によると保険金の受取人が死亡した場合、「保険金額を受け取るべきものの相続人をもって、保険金額を受け取るべきものとする」と商法で規定されています。

つまり、保険金を受け取る権利もそのまま相続されたものとして取り扱いがされるということになります。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。