生命保険が相続税の節税対策になると聞いたのですが?

 

質問:生命保険が相続税の節税対策になると聞いたのですが?

生命保険の保険金は被保険者が死亡した場合、相続税においてメリットを受けると聞いたのですが本当ですか?また、そのときはどういった計算で相続税にとってメリットがでるのでしょうか?

 

回答:生命保険の保険金を法定相続人が受け取る場合相続税で優遇される場合があります

例えば、世帯主とその配偶者、子供2名がおり世帯主が契約者兼被保険者となっていた場合で、保険金の受取人が法定相続人である場合、税務上保険金は「相続財産」として取り扱いがされます。

質問者様の内容では、生命保険の保険金の控除についての質問だと思うのですが、生命保険金については方尾低創造人1名あたり500万円までが非課税の対象となります。ですから、今回の例である配偶者+子供2名という場合500万円×3の1500万円が相続税の計算対象から外れることになります。

※税務に関するご相談は税理士さんにお問い合わせ・ご相談ください。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

生命保険Q&A一覧

生命保険は若いうちに入った方がお得なのですか?
生命保険の保険金は差し押さえできるのでしょうか?
生命保険会社からお金を借りられるって聞いたのですが?
生命保険が相続税の節税対策になると聞いたのですが?
保険料控除は無職の場合還付金ってあるのですか? 
無職でも生命保険に加入できますか?
保険に入るのと預金をするのはどちらがお得ですか?

生命保険Q&Aはホームページ訪問者の方から寄せられた質問をベースにQ&Aを作成しておりますが、利用者の個人情報やわかりやすさなどへの配慮から質問の内容等を一部変更しております。また、一部の質問は完全にフィクションで作成しているものもあります。また、本Q&Aの内容の完全性は担保いたしません。不明な点などがあればそれぞれの専門家(保険会社・税理士・弁護士など)にお問い合わせ下さい。

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

 

生命保険とは
生命保険の種類
生命保険徹底比較
生命保険の見直し方法
生命保険の契約と保険金請求
生命保険と税金