生命保険の告知義務

 

生命保険の告知義務は超重要

生命保険契約を結ぶ場合、告知義務という義務が契約者に対して寄せられます。これは自分自身が置かれている環境や健康状態などを保険会社に対して誠実に伝える義務です。この告知義務に違反した場合は保険契約が解除される場合があります。ここでは、告知義務の内容と告知義務違反の解除要件などを解説します。

 

告知義務とは何か?

告知義務とは生命保険契約を保険会社と結ぶにあたって、保険契約者(被保険者)は保険会社(保険者)に対して病歴・健康状態など重大な事項について事実を告げなければならないという決まりです。

告知の方法は「告知書」と呼ばれる申告書類への記入の他、医師による健康診断などが挙げられます。

告知義務に違反した場合、保険者(保険会社)は保険契約を2年間に限り解除することができます(ただし、約款にてさらに長い期間を指定している保険もあります)。保険事故の発生有無を問わず、告知義務に違反して解除された場合保険会社は保険金を支払いません。

なお、保険会社が定める告知義務(重要な事項)とは「被保険者の年齢・職業・最近の健康状態・過去5年以内の既往歴・体の傷害など」が当てはまります。

 

告知義務があるものを告知しなかったらどうなる?

生命保険は契約です。
重要な告知情報を元に保険契約が結ばれますので、告知義務違反があった場合、保険契約が解除されることがあります。

また、最悪の場合、保険事故が起こっても保険金が支払われないという可能性もあります。告知義務がある内容はしっかりと把握して正しく告知するようにしましょう。

 

告知義務違反に該当するケース・事例

具体的に生命保険において告知義務違反に該当するケースや事例などを紹介していきます。告知義務違反とは「故意・または重大な過失によって、事実を告知しなったり、事実と異なることを告知すること」と定義されています。ここでは、具体的に告知義務違反に該当する事例やケースを解説していきます。
>>告知義務違反に該当するケース・事例

 

告知義務違反が発覚した時の保険会社の対応と時効

実際に告知義務違反をしており、それが発覚した場合の保険会社の対応を解説します。基本的に保険会社は告知義務違反に対しては厳しい対応をします。告知義務に反することは保険の公平性という観点からも問題であり、保険契約の解除やすでに保険金を支払っている場合はその返還請求が行われることもあります。
>>告知義務違反が発覚した時の保険会社の対応

 

告知の漏れを申告する「追加告知」

すでに契約している保険契約の中に告知義務違反があったことを思い出した場合、気づいた場合に契約者ができることは何でしょうか?告知義務違反があったことを後から契約者の側から申し出ることを「追加告知」といいます。
>>告知の漏れを申告する「追加告知」

 

告知義務違反があって保険事故が起きた場合の保険金

仮に、本来告知すべき事項を告知せずに保険契約を締結し、その後保険事故が発生た場合の保険金の取り扱いについて解説します。原則として告知義務違反の内容によって保険事故が発生した場合、保険金は支払われませんが、それ以外の理由で死亡した場合保険金は支払われる可能性があります。
ただし、決してすすめられるものではありません。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。