節税効果も高い年金「確定拠出年金」を活用

 

節税効果も高い年金「確定拠出年金」を活用

自営業者の方や企業年金がない企業にお勤めの方が加入できる「確定拠出年金」。変額年金の一種ですが、公的年金の扱いとなっており、節税効果が高いという魅力があります。掛け金変更なども可能なので、民間の個人年金と比較しても有利な制度となっています。

 

日本版401k(確定拠出値金)とは?

日本版401kとも呼ばれる確定拠出年金。最近では企業で退職金として用意するケースも増えてきました。ただ、勤務先に401kが無い方や自営業者の方(第1号被保険者)でも「個人型」と呼ばれる確定拠出年金に加入することができます。

そもそも「確定拠出年金」とは変額年金の一種です。
拠出する額(年金保険料の金額)は決まっていますが、将来受け取る年金については運用結果によって変動するというものです。

運用については、投資信託や定期預金など契約者が指示することができます。その上で、運用結果によって受け取ることができる年金額が変わってきます。

 

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金制度のメリットは下記の3つが挙げられます。

1.掛け金は全額所得控除

確定拠出年金の掛け金(保険料)は全額所得控除されます。払った保険料分は所得税や住民税が安くなるわけです。
個人年金保険でも「生命保険料控除」がありますが、それよりも控除可能な範囲が大きいので有利です。

たとえば個人年金で、年間に8万円の保険料を払った場合には所得控除されるのは4万円と半分までです。一方の確定拠出年金の場合8万円なら8万円全額が所得控除されます。

 

2.運用益は非課税

確定拠出年金で運用して運用中に得た利益や分配金、利息などはすべて非課税となります。年金を受け取る時には税金がかかりますが、所得の扱いが退職所得や年金所得という形になり、税制面で強く優遇されています。

 

3.掛け金を変更できる

これも大きなメリットです。
確定拠出年金は掛け金を変更することが可能です。なので、生活やライフスタイルの変更に合わせて掛け金を調整することが可能です。

また、余裕がある時はたくさん掛けて節税をして、厳しい時は小さい掛け金にして負担を減らすといった運用も可能になります。

 

なお、個人型の確定拠出年金については「SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)」などから申し込みが可能です。まずは資料を請求してみましょう。

 

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ