妊娠・出産と生命保険見直しのポイント

 

出産・妊娠の生命保険見直しと概要

子供ができると、親のもつ責任がグッと大きくなります。本格的な死亡保障も含めた保険を検討するタイミングであるともいえます。子供が独立するまでに必要となる保障は教育費で1000万円以上かかるとも言われます。ですが、終身保険の死亡保障を大きくしてしまうと、必要となる教育費や生活費を切り詰めなくてはなりませんので、逓減定期保険を活用したり、期間の短い定期保険、こども保険(学資保険)などを状況に応じて活用しましょう。

 

出産・妊娠の生命保険・医療保険・貯蓄に関するアドバイス

本格的な生命保険(死亡保険)についての検討をはじめましょう。子供が独立するまでの期間に応じて死亡保障を確保しましょう。計算方法については「生活設計法」による保障額を考えましょう。

具体的に加入する保険としては以下のような保険が検討の対象となるでしょう。

こども保険(学資保険)
貯蓄性の高い保険です。子供の学費などを保障したい方は検討の余地があります。祝い金や契約者(両親等)が死亡した場合は年金がもらえるタイプのこども保険もあります。

逓減定期保険
死亡保険金が徐々に逓減(減少)していくタイプの定期保険です。生活設計法では、子供の年齢が上がるにつれて必要となる保険金額も減少しますので、独立時に0となるように計算した逓減定期保険もおすすめです。

自分に万が一のことがあった時に子供にとって必要な保障というものを考えていく必要があります。

参考サイト:子育て時期のライフプラン(資金計画)
参考サイト:子育て終了時期のライフプラン(資金計画)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。