新婚(結婚)と生命保険の見直しポイント

 

新婚(結婚)の生命保険見直しと概要

結婚により自分に配偶者ができた場合、お互いの保険について考えてくる必要が出てきます。万が一の場合配偶者が経済的に困窮しないように保障を用意し始めましょう。ですが、子供がまだいない場合は配偶者も成人ですから大きく経済的に困るということは無いはずです。無駄に大きな死亡保険に入るよりは貯蓄にお金を回すことを中心とした方がよいでしょう。

 

新婚(結婚)の生命保険・医療保険・貯蓄に関するアドバイス

共働きの場合は、両方に所得があるわけですから死亡保障は不要と考えられます。逆に片方だけが働く場合は、働いている方にいくらかの死亡保障をつけてもよいと考えられます。ただし、保障額は最低限でかまわないでしょう。万が一の場合、相手方も働くことができます。

逆に専業主婦(主夫)の方には最低限の医療保険があれば十分であると考えられます。

新婚当初はお金も必要になりますし、今後の住宅購入のための蓄財にも努める必要がありますので、過度の保険よりは貯蓄・運用に回したほうが効率的です。

結婚すると生命保険会社などから手厚い保障に入ることを勧められるケースもありますが、子供ができるなどがしない限りは最低限の保障で十分だと思います。

参考サイト:独身時代・結婚期のライフプラン(資金計画)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。