住宅購入 / 生命保険見直しのポイント

 

住宅購入の生命保険見直しと概要

通常、住宅ローンで住宅を購入する場合「団体信用保険」に加入することになります。団体信用保険に加入した場合契約者に万が一があれば残りの住宅ローン残高は0になりますので、以後の住宅費用がいらなくなります。その分団体信用保険以外で加入している生命保険の死亡保障額を減らしてもかまいません。

 

住宅購入の生命保険・医療保険・貯蓄に関するアドバイス

死亡保険金の金額の引き下げを実行しましょう。住宅ローンを組むことで住宅が自分のものになります。ローンがあるからいっしょでしょ、という指摘もありますが、住宅ローンを契約する場合通常「団体信用保険」に加入することになります。
団体信用保険に加入すれば契約者が死亡した場合、以後のローン支払は完全免除されます。ということは、以後住宅費用が不要になるということですので、「生活設計法」に基づけば、今後生涯の住宅費分生命保険の保険金が不要になります。
浮いた分はローンの返済に充当したり貯蓄・運用・年金保険などで運用しましょう。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。