子供の独立 / 生命保険見直しのポイント

 

子供の独立の生命保険見直しと概要

子供が独立した場合、今後子供に対して必要となる経済的な援助が要らなくなりますので、配偶者に対する保障程度に死亡保障を引き下げましょう。定期付終身保険の場合は定期保険部分の解約や減額を行い、老後資金の貯蓄にその資金を回すべきです。個人年金保険などの活用も検討しましょう。

 

子供の独立の生命保険・医療保険・貯蓄に関するアドバイス

子供が独立した場合、子供用につけていた死亡保障が不要となりますので、死亡保障額の引き下げを検討しましょう。逓減定期保険など既に子供の独立までを見越した保険プランを考えていた場合はこうした作業は不要になります。
保険料も下がってきますので、以後は自分や配偶者の老後に対する備えを充実させていきましょう。

具体的には貯蓄や投資・運用の他、個人年金保険などの活用も視野にいれましょう。

参考サイト:子供独立後のライフプラン(資金計画)

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。