生命保険と損害保険の違い

 

生命保険と損害保険の違い

生命保険と損害保険、意外とその違いって難しくて理解しにくいものかもしれません。大きく生命保険は「人の生死、怪我」に関する保険で、損害保険は「物や財産」などに関する保険となります。ここでは、まず生命保険と損害保険の違いを分かりやすく説明していきます。

 

生命保険は人の生死や病気・怪我に対する保険

生命保険というものは、人の生死や病気・怪我に対する保証を行う保険を指します。原因・理由は問わずに、死亡したり怪我をしたり病気になった場合など、契約に定めた条件を満たした時に保険金が支払われます。

また、原則として実際にかかった費用や額に関係なく、定められた金額が支払われます。

 

損害保険は物や財産などに対する保険

一方で損害保険(損保)は物や財産にかける保険です。
代表的なものとして
自動車保険・・・自動車やそれに付帯する事故・損害を補償。
火災保険・・・建物などの火災や破損などによる損害を補償
個人賠償責任保険・・・第三者に財産上の被害を与えた場合その損害を補償。

などが挙げられます。生命保険の場合と違って、1回当たりの金額が定められているわけではなく、損害額の補償が行われるのが一般的です。

 

このように、生命保険と損害保険は全く別物となっています。

 

医療保険は生命保険?それとも損害保険?

医療保険は実は生命保険でも損害保険でもないその中間である「第3分野の保険」と呼ばれています。基本的には病気や怪我などによる医療費の一部または全部を補償する保険となっています。ちなみに、公的に運用されている健康保険制度は公的な医療保険制度となっています。詳しくは「公的保険と民間保険(保険の種類)」もご覧ください。

 

気を付けたい「医療保険」と「傷害保険」

生命保険と損害保険の違いにおいて気をつけたい保険があります。
それは「医療保険」と「傷害保険」です。

医療保険
病気や怪我などすべてをカバー。

傷害保険
交通事故または災害によってケガをした場合、第3者を怪我させた場合に有効

このように内容に違いがあります。実際に入院となる場合の多くは病気によるものが圧倒的に多く、傷害保険に入っているから安心と思ってはいけません。

ベースとして補償される範囲は医療保険の方がはるかに大きくなっています。一方で傷害保険については安価な保険料で怪我・事故に関しては幅広く補償されるというメリットがあります。
海外旅行傷害保険などは、海外旅行時の事故や怪我、盗難などを幅広くカバーできるため、重要性は高い保険となっています。

 

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。