先進医療について / 医療保険の必要性

 

先進医療と医療保険

通常、病気や怪我により治療を行う場合、一定割合を国が負担してくれる公的医療保険制度(健康保険製)がありますが、難病などに対する治療や手術について、健康保険の対象とならない先進治療も存在します。ここでは、先進医療における自由診療と先進治療についてそれぞれを解説していきます。

 

自由診療とは

自由診療(じゆうしんりょう)とは、難病などに対する新しい治療法や手術法などを用いて治療を行うことを指します。この段階で新しい方法による手術や治療を行う場合、公的な医療保険の適用を受けることができず、全額を患者が自己負担する必要があります。

 

先進医療とは

先進医療(せんしんいりょう)とは、新治療法のうちある程度の実績により治療法が確立されたと厚生労働省が判断した場合、自由診療から先進医療へと承認されます。先進医療に認められた場合、その先進医療に必要となる費用のうち「技術料」を除く全ての部分が公的医療保険の適用対象となります。

ある程度の新治療法が実績をつみ、治療法として確立されてきたと厚生労働省が判断すると「先進医療」として承認されます。先進医療は、新しい医療技術の出現や、医療に対するニーズの多様化に対応して、先進的な医療技術と一般の保険診療の調整を図る制度です。 なお、先進医療は高度な技術と設備を持つ病院に限られ、先進医療を行うことが認められた病院でのみ利用することができます。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ