変額保険の特徴

 

変額保険の特徴について

変額保険とは、生命保険・年金保険において死亡保険金や満期保険金等の金額が運用結果によって変動するタイプの保険を指します。通常のタイプの生命保険と比較すると運用責任が契約者に及ぶハイリスクハイリターンタイプの保険となる。一般には年金タイプの保険に多くみられる。

 

変額保険とは?

生命保険における保険金や満期保険金、途中解約した場合の解約返戻金は、契約期間や予定利率などによって「契約時に決まる」のが一般的です。

しかしながら、この変額保険というのは、預けた保険料の運用成績によって保険金や解約返戻金などが変動することになります。

通常の生命保険としての役割に加えて「運用性」を持たせた保険となります。

ただし、運用成績いかんによっては受け取ることができる保険金や解約返戻金が少なくなってしまうというリスクをおった保険といえます。

 

なお、変額保険といっても内容には特徴があるものもあります。
たとえば、途中解約による解約返戻金に関しては変動するものの、死亡時の死亡保険金に関しては最低額を保証するというものなども用意されています。

 

ちなみに、変額年金に関してはバブル期に大きな損失を出す契約者が続出し、大きな社会問題もになりました。日本の保険会社において変額保険を扱う会社が少ないのはこれが原因であると言われています。

 

生命保険無料見直し・相談サービスを活用しよう

生命保険の見直しには無料でできる相談サービスを活用しましょう。保険ショップ、FPの上手な活用法は「保険ショップやFP相談を上手に活用しよう」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

生命保険.com
独立系FPに生命保険を無料相談。

生命保険の種類
生命保険見直し Category
おすすめコンテンツ